Nokiaが3年で地に堕ちた理由(2) ~企業のDNAとメタボローム~

February 9th, 2011

同じ過ちを犯していることに気がつけない

N-Gageプロジェクトがキャンセルされた2009年春、バンクーバーのサイトだけでも半数に及ぶ数百人もの大規模なレイオフが実施された。当時の世界経済の流れから見ると違和感はなかったし、これが外資のやり方なのかとただ物珍しく傍観していた。唯一の誤算は、私を採用したボスまで影響を受けてしまったため、一年後にヘルシンキに移してもらうという約束がさっぱり消えてしまったことだ。

しかし消えてしまったのは私の移住計画だけではない。

タイトルを供給して頂いていたサードパーティーとの契約もプロジェクトの失敗から学んだ教訓も引き継ぎは一切なし、アーカイブもなし、担当者と共にきれいさっぱり消えてしまったのだ。残ったのは基幹システムで管理されていた膨大なバグ報告だけだろう。さすがに私もこれにはたまげた。

尻拭いは個々の担当者に委ねられており、散々リスクを引き受けて頂いた取引先の会社に対してですらアカウントマネージャが「プラットフォーム自体がキャンセルされてしまったんです。私もレイオフに遭いましてこの先どうしようか・・・。とにかくこれまでお世話になりました。」という調子で、企業レベルで見ると企業倫理もひったくりもない、もはや詐欺である。そうこの「企業レベルで」という意識が極めて低いのだ。そのことがDNAの引き継ぎを阻害し、人材もノウハウも蓄積されず結果としてbusy workを繰り返すことになる。

NokiaはN-Gageプロジェクトをキャンセルしつつ、これからはデバイスだけでなくメディア、サービスを収益源として確立するという目標を掲げた。しかし、コンテンツやサービスを生み出すためには、綿密な計算と経験からもたらされる仮説に裏付けられた狙い撃ちができる力が必要で、そのための試行錯誤の重要性は先のエントリーでも書いた通りである。試行錯誤の記憶がプロジェクトごとに消えていたのでは長期的に企業として発展し得ない。さらに悪いことに少なくともN-Gageプロジェクトに限って言えば貴重なエコシステムの一部を担う外部企業の信頼をも同時に失ったのだ。

このまま個人プレーによる単発の使い捨てプロジェクトを連発しても、AppStoreに一発ネタのバカゲーを載せて一攫千金を夢見る個人デベロッパーが成功する確率と勝負するのが関の山だろう。

一方で任天堂の顕著な例としてロットチェックが挙げられる。ロットチェックとはいわゆるQAプロセスで、任天堂のプラットフォーム上でリリースされるすべての製品に対してリーガル、ソフトウェア品質、全ハードウェアロットとの互換性等のチェックを行う最終関門だ。毎年クリスマスシーズンをターゲットにしたタイトルが特定の時期に各社からどっと押し寄せると常勤の専属のリソースだけではとても手に負えないわけだが、これを捌くのはアルバイトでも派遣でもなく入社数年目までの若手社員達なのだ。事務系もプログラマーもデザイナーも関係ない。その時に手が空いているリソースを入れ替わり立ち替わり数週間ずつ送り込むのだ。

高学歴で高い専門性を早く仕事で生かしたいという新入社員にとっては必ずしも楽しいことではない。しかし、これは企業にとっては一石二鳥どころの話ではないのだ。一片の代謝も無駄にせずすべてを循環させる知識の永久機関がそこにあるのだ。

Leave a Reply

*