ノキアに期待したこと

February 11th, 2011

批判ばかりしていても仕方がないので、私が描いたノキアの再起に向けての短期的なシナリオを書いておく。言うは易しである。

Dalvik VMをSymbianに移植する

これだけでよい。これで少なくとも2年は延命できた。NativeClientとHTMLとJavaScriptが取って代わるまでの時間稼ぎが出来たのだ。

ノキアの資産は低価格帯の膨大なユーザーベースであり、ここを如何にして死守するかが生死の分かれ目なのだ。ハイエンド向けのWindowsPhone7を採用するという判断は、ノキアにとってその唯一の資産をドブに捨てることを意味し、結果的にマイクロソフトが停滞しているスタートラインまで引き返し、お互いの足をくくりつけて二人三脚でスタートを切り直すようなものだ。AndroidやWindowsPhone7が選択肢である時点でその先に差別化は見込めない。どちらも正解ではなかったのだ。

ではなぜDalvik VMが問題を解決するのか。

  • 膨大なJ2MEの資産が生き返る(パフォーマンス的にも)
  • 多くのAndroidアプリをそのまま移植できる(Androidデベロッパーを共有できる)
  • Androidのエコシステムからは独立を保てる

この他にも、例えばDalvikとSunJavaの間の子を作ることはOracleにおいしい話として持ちかけることができたりと、連鎖的に色々出てくるがそれは長期的な話になるのでここでは書かない。

新規アプリの開発 > 異なる開発言語からの移植 > 同じ言語、異なる機種からの移植

Javaデベロッパー > iPhoneデベロッパー > Androidデベロッパー > XNAデベロッパー

新しくデベロッパーを取り込むためにMicrosoftの開発環境が効果的に働くという認識は間違いだ。フリーミアムと同じで、何事もゼロからではドロップ率が高いというのが一番の理由。Symbian上のC++プログラミングが煩わしいのは認めるが、煩わしさを取り去ることに四苦八苦してよりフラグメンテーションを増やした上で新たなデベロッパーを募るのか、あるいは既に存在するコンバートできるポテンシャルの高いデベロッパー層に直接訴えかけるのか、さらには既に手持ちのポートフォリオを流用出来るところまでお膳立てするのか、効果の差は歴然だ。

Qtは所詮デスクトップ向けにデザインされた抽象化レイヤに過ぎない。ノキアはSymbianを失うと同時にアイデンティティを喪失する。WindowsPhone7上にDalvik VMを持ってくるなんてことをMicrosoftが許すわけがない。

ちなみに私は過去三年間、社内で高速なJavaVMの必要性を訴え続けてきた。しかし、Java=遅いというそこらで聞いた程度の知識しか持たないプロジェクトマネージャー達にとっては悲しいかな理解してもらえなかった。

下っ端エンジニアの技術に偏った屁理屈に聞こえるかもしれないが、この仮説が間違っているとしたら私が学ばなくてはいけないことは私の想像以上に膨大であるということになる。それならそれでよい。

2 Responses to “ノキアに期待したこと”

  1. 通りすがりの人 says:

    色々と思うところはありますが.NET Compact FrameworkにJavaを載せるではだめなの?
    開発環境などの問題は色々あるでしょうが現時点でメインのC#以外にVB.NETも動かせる状態です。

    NOKIAやOracleが本気になればWP7にJavaを積むことが出来ると思いますよ。
    VM自体の性能差はGoogleと本業のMicrosoftとでどちらのほうが有利かはやってみないと判りませんが

    • exilis says:

      コメントありがとうございます!ご指摘の通り技術的にはいくらでもやりようはありますが、プラットフォームを差別化したいMicrosoftの排他的な戦略にはそぐわないのでは、と思います。何よりNokiaにとっての痛手は自分のプラットフォームを失うことです。各社がWebKitベースのブラウザを採用していてもそれがApple製品と差別化できているのと同じで、DalvikVMだって使いようです。現に、RIMも似たようなことをしましたし、こんなのも出てます。
      個人的にはMicrosoftとIntelのような構図がNokiaとの間に確立されてしまうイメージで、それが嫌なんです。もちろんデバイスメーカーとしてはしばらくうまくやっていけるかもしれませんが、コモディティ化が凄まじいスピードで進んでいるこの分野であえてコンテンツやサービスによる収益源の確立を手放すのがもったいないなと。結局は趣向の問題なんですが、私はコンテンツを創ってなんぼだと思っているところが強くて、三年前のNokiaはその観点からとても頑張っていておもしろそうに見えたのが、これからはつまらなくなるだろうなぁと・・・。

RSS feed for comments on this post. And trackBack URL.

Leave a Reply

*